さぽろぐ

  美容・ファション  |  札幌市手稲区

新規登録ログインヘルプ


2018年11月19日

メタモールフォーゼのウェディングで作るウェディングドレスとは?ドレス選びで重要なポイントと自分にぴったりなデザイン選び!

ウェディングドレスをお探しの全国の花嫁様にドレスを選びの参考にした頂きたい一着をご紹介。

結婚式の準備は、大半のお客様は初めてのことです。雑誌やウェブサイトで見てもわからないことも多いでしょう。実際にメディアで見る情報とブライダルプランナーやドレス店の店員とでも多少変わるでしょう!今回は、メタモールフォーゼ ウェディングの札幌店でドレスを選び、ウェディングドレスをオーダーメイドで作られたお客様をご紹介させて頂きます。ご参考下さいませ。

北海道にお住いのお客様にウェディングドレスを制作させて頂きました。

はじめに、ご新郎さまとご新婦さまの結婚式場や挙式スタイル、理想のリメージやデザインなどのヒヤリングとご相談。憧れのウェディングドレス姿のイメージ共有をさせて頂きながら、雑誌や弊社のドレスコレクションを基に更なる花嫁のウェディングドレスをご相談をさせて頂きました。デザインを立案する上で、お客様の想いやどのような結婚式をしたいか?が重要です。ウェディングドレスに関わる全てのイメージを共有させながらお客様の理想と希望のイメージをフォットさせます。

ヒヤリングと相談がとても重要で、ドレスをデザインする上で必要不可欠です。

デザイン画を描く際も、仮縫いをする際も”結婚式当日に着るウェディングドレス姿”をイメージしながらお客様とお話をさせて頂きます。ある程度のパターンやお好きなデザインなどをヒヤリングから拝見して、”理想とするウェディングドレス”をデザイン画に描きます。お話をしながらイメージを共有するため、ご本人に提示するとても重要な構成ですね。

ウェディングドレスの立案とデザイン画の作成

デザイン画の立案から生地の素材感、レース生地の選別、お色のご相談を行い、仮縫いという次の工程に入ります。

仮縫いでは、シーチング素材で仮のウェディングドレスで作業を行います。事前に頂いたお客様の24箇所のサイズを基に、パターンを構成。お客様のおサイズで綿密なシルエット作成のため、ボディーラインを描くドレスで整形作業を行います。立体裁断で行われる作業です。日本でもできる職人が少ないと言われております。通常のパターンで作るドレスとは違い、一枚の布をボディーラインに沿いながら立体を作成します。サイズ+aで立体整形を行う作業です。これを行うことで、バストラインをシャプに上げて、アンダーバストからウェストラインをスッキリ見せるシルエットを作ることができます。スカートのミリ単位のシルエット作成と着る方にとって一番素敵に、、モデルのように見える比率と配分で一着のウェディグドレスの型をとります。

通常の既製品とは、比べることができないほど”自分にぴったりなシルエットとサイズ感”でドレスを制作することができます。

そこまで必要なの?と思う方もいらっしゃるでしょう!皆様は、ウェディングドレスを選ぶ際に、デザイン重視してフィッティングをしてしまいます。本来素敵なドレスでもお体に合わないと着ても素敵に見せません。はじめのドレス選びから間違った方法で選んでいることが事実です。そして、必ず最終的に必要なことです。サイズ合わせは、結婚式近くになったらサイズに直すことができますよ!と言われて、結婚式当日にドレスが下がり、下着が見える花嫁様を多数見ております。レンタルだから、、。で済むことでしょうか?

前撮りで撮影を行った”メタモールフォーゼの卒業花嫁様”!

花嫁様に創り上げたオーダーメイドのウェディングドレスを記載致します。前撮りの際も笑顔でとても楽しんでいる姿にデザイナー社員一同感謝の気持ちが一杯です。お二人のお写真を記載致します。

メタモールフォーゼ ウェディングの卒業花嫁様

モデルのように美しいシルエットと描くお客様のオーダーメイドウェディングドレス

ウェディングドレスのお写真を記載致します。

お客様のドレス選びの参考にして頂ければと思います。

ウェディングドレス スレンダーAライン ハイウェスト

胸元のデザインと繊細なレースの詳細

ドレスのバックスタイルと繊細なくるみボタンのデコルテ

挙式やチャペルウェディングに映える美しいスカートシルエット

ウェディングドレスのデザインとシルエット

オーダーメイドで作るウェディングドレスの美しさ

  続きを読む