さぽろぐ

  美容・ファション  |  札幌市手稲区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月24日

”海外で購入したウェディングドレスをお直ししてほしい”とのご依頼

ウェディングドレスの詳細を確認するため、アトリエにご来店頂きました。
”海外で購入したウェディングドレスをお直ししてほしい”とのご依頼

海外で購入したドレスですが、日本に持ち込みする際に”スカートに焼け跡があるため”その部分をどうにか直してほしい!
内部には、沢山の跡があります。おそらく制作している際のペン跡がひどく、対応してほしい。 私のサイズで作ったドレスですが、サイズが合わなく大きいです。自分で購入したウェディングドレスのサイズ直しをしてほしい。 スカート丈が長く、歩ける丈にお直しをしてほしい 以上の”お客様からのご質問について”実際のドレスを着て頂き、様々な箇所を確認させて頂きました。

結婚式予定まで、約1ヶ月と少しでしたが、なんとか対応をさせて頂きました。

海外のどちらで購入したかは、お聞きしておりませんが、 ウェディングドレスの形状はしておりますが、花嫁様が綺麗に着て頂けるウェディングドレスではないため、できる限りの範囲内でお直しをさせて頂きました。

ご注文頂いたウェディングドレスのお直し!マーメイドウェディングドレスです。

ドレスの裾一部に焼け焦げがありました。その部分を隠すために、リバレースを施してスカートを修正。スカート丈も長く、ご使用予定のヒールサイズに合わせて、短くお直しをさせて頂きました。裾には、リバレースが施されているため、裾をカットすることができません、ウェスト下のレースが施されている箇所からの修正となりました。

ウェディングドレスが下がる!サイズが大きくゆるい!胸元のお直しについて。

ウェディングドレスを綺麗に着るためには、”お客様に合わせたサイズに修正する必要”があります。今回のお客様がお持ち込頂いたドレスは、サイズが大きくて下がる!胸元とアンダー、ウェストがゆるくて、本来ボディーラインを綺麗に見せるマーメイドドレスが胴長で、シルエットがブカブカ。

上半身デザインとトップスのサイズをお客様サイズから合わせて、サイズ直しをさせて頂きました。

本来は、サイズに合わせてドレスを制作した方が綺麗になりますが、フロントパターンとフロントサイドパターン、後ろパターンと後ろサイドパターンのサイズ直しと修正を行いました。またドレスが胸元で、止まらず下がってしまうため、内部に様々な細工を施して、胸元の位置にとどまるように修正。ボーンや芯地、パッドなどが付いてなく、ドレスが下がるのは無理ありません。

お持ち込み頂いたドレスの現状の状態を考慮しながら、
綺麗なマーメイドラインを演出できるように試行錯誤しながらサイズ直しとドレス修正をさせて頂きました。 とてもお時間がかかる作業ですが、期間内で納品することが出来ました。一安心です。

ウェディングドレスのお直し

ウェディングドレスのお直し

ドレスの胸元を修正

  続きを読む


2017年08月24日

ジュニアサイズのドレス選び!スカート丈編。

お客様から”よく頂くご質問について”記載をさせて頂きます。
発表会やコンクールで着る予定のスカート丈は、皆さんどのように選んでますか?

子供用ドレスのスカート丈選びは、
ドレスのイメージや演奏中の姿勢や着心地の良さも重要。
ピアノを演奏おする方の場合は、ペダルに慣れている方と慣れていない方で、選び方が違いますね。バイオリンを演奏する方は、ロング丈で床丈スレスレサイズでご注文頂く方がやはあり多いですね。成長を考えて長めに作られる(床上がり0cm)で作られる方がやはり多いです。

ロング丈のドレスで一番素敵に見えるのは、 シューズを履いて、床からくるぶし丈までが綺麗に見えますね。

100cmからのジュニアサイズの方のスカート丈選び!
小さいお子様は、フロントのスカートの巻き込み防止や演奏中にペダルを見る方も多くいらっしゃると思います。
ピアノのペダルを気になされる際は、5cmから7cm前後スカート丈を上げると良いでしょう。ペダルを気になされない方は、0cmから3,4cmまでが多いですね。少しでもドレスを長く着て頂きたと思いますので、無理をしない丈をご相談させて頂いております。

130,cmオーバーの中学生、高校生についてのスカート丈選び!
130cmからの小学生高学年からのお子様は、足元のスカートさばきや演奏中の足元を気になされない方は、床上がり0cmから3cmまでが良いと思います。ヒールサイズにもよりますが、シューズを履いていないで選ぶ丈は、0cmが一番多い丈です。中学生や高校生になると大人のようなシルエットと装い、演奏中の雰囲気も子供から女性に変わる時期ですね。やはり長めの丈が”演奏曲にもご本人様にも総合して良い”と思います。

今回の記事では、ピアノやバイオリンを演奏されている方向けのスカート丈選びです。
お客様の希望によっても”スカート丈が変わります”。一般的なスカート丈の長さをご紹介させて頂きました。ご参考頂ければと思います。直接ご相談なされたい方は、お気軽にご相談くださいませ。

デザイナーと職人が作り上げる”日本製の素敵なドレス”をご紹介させて頂きます。
  続きを読む

2017年08月22日

企業からのご依頼で作り上げた”オートクチュールドレス”!展示品!

子供用オートクチュールドレスを納品をさせて頂いた内の一点をご紹介させて頂きました。
今回の記事では、もう1着の方をご紹介させて頂きます。


”美術館に記載する予定の絵画に描かれているドレスを基に制作”。
時代背景やその時代に使われている生地素材を用いて、忠実に絵画のドレスを制作!現代では、あまり見ることができない独特のシルエットです。チュチュのようなシルエットが特徴的で、シルエットも特徴的な”中世ヨーロッパ時代、マリーアントワネットのような時代のドレス”です。

独特のシルエットを表現する、パニエのシルエット制作。
スカートシルエットを表現するため、”ワイヤーやボーンで構成されたシルエットです”。上半身からスカート中部まで繋がりのあるデザインと円柱のようなスカートシルエット。横から見ると横広がりになり、フロントとバック、サイドのバランスを少しづつ変えながら絵画を基にドレスを制作させて頂きました。

中世風、貴婦人のようなスリーブのデザイン!
画像を見る限り、細かいディテールが施されたスリーブです。フリルやレースが施されれいることはもちろんの事、スリーブの表面が立体になっているデザインです。ボックスタックやギャザーが施された繊細なデザインが際立つスリーブです。良く見ると内部には、レースが隠されていたり、何層にも施されたレースとフリルなど細かいデザインが多く施されております。

当時のイメージに合わせたコサージュ制作!
様々なコサージュを数パターン制作してから、絵画に一番近いコサージュを吟味しながら配置! カラー配色もオレンジカラーだったり、部分的に黄色み見えたりと絵画のタッチを表現する事は、難しかったですが、 ディテールも同じくデザインする事が出来ました。花びらには、一点一点忠実にオレンジに着色を行いトーンやカラー配色を行いました。

中世ヨーロッパ時代の子供用ドレス

上半身デザイン。マリーアントワネットの時代のドレス

胸元と肩に施されたコサージュ

後ろから見たドレスのデザイン   続きを読む


2017年08月22日

ピアノの発表会とコンクールドレス!福岡県、小学生のお子様のオーダーメイドドレス!

ピアノのコンクールドレス!

福岡県にお住いのお子様から”ピアノの発表会とコンクールドレス”のご依頼!
胸元を着る方ならでわの個性的なデザインで制作。
清楚なイメージを表現するライトカラーで構成!オフホワイトとアイボリーカラーを組み合わせて制作。
ご身長に合わせて、今回はジャストウェスト設定!胴長になりがちなお子様には、ポイントデザインで細工を施したデザイン!
リボンをデコルテした”上品なデザイン”!
ヘッドドレス(髪飾りも共布で制作)!


メタモールフォーゼ ウェディングをご利用頂いた”リピーターのお客様です”。

昨年よりも10cmほどご身長が大きくなり、全体的に成長してますね。130cmの小学生サイズでドレスを制作。床上がり丈は、7cmで制作。ピアノ演奏中のペダルや歩く際のスカートを気になされる方は、5~7cm前後が良いですね。

ジュニアサイズ用ピアノのコンクールドレスについて!
ラウンドネックを採用。
ネックラインと胸元上までオーガンジー素材を使用!肌が少しだけ透ける、美しく個性的な表現の上半身デザイン。両肩部分には、”レース”にカットを施して、モチーフ柄が映えるようにポイントデザインを施したデザイン。バックスタイル ドレスには、上品な印象を与えるクルミ釦を施しました。

エレガントなデザインは、クルミ釦を施したほうが素敵ですね。 上品な印象を与えるトップスに仕上がりました。

ドレスのデザインに合わせた”リボン”をヘッドドレスにデザイン。 ヘアーアレンジに必要な髪飾りも大切なポイントデザイン。ヘッドドレス、ウェストリボンとの大きさを考慮しながら”全体のバランスを考慮しながらドレスを制作”。ヘアースタイルに合わせてアレンジができるリボンです。リボンには、コムが施されてます。簡単にUピンで施すことができますので安心。

細身のシルエットの”コンクールドレス”です。
素敵な印象を与えるなイメージと豪快に広がるヘムラインが特徴的なシルエットです!ウェディングドレス専門店が作る独特のシルエット構成。大人のような装いとエレガントな雰囲気を表現するする、ピアノのコンクール用ドレスです。

福岡県のお子様に制作した、ピアノのコンクールドレス

130cmサイズのピアノのコンクールドレス。バックスタイルドレス

胸元と上半身デザイン。ピアノのコンクール用ドレス。ジュニアサイズドレス

背中のクルミ釦が素敵な子供用ドレス

髪飾り用に制作をしたリボンのヘッドドレス

  続きを読む


2017年08月20日

ウェディングドレス選びと似合うドレスのご相談!

ウェディングドレス選びのご相談は、メタモールフォーゼ ウェディング 札幌店!

ウェディングドレスのご相談は、
ウェディングドレスのご相談は、デザイナーが在住しているウェディングドレス専門店にご相談下さいませ。 デザイナーと販売員では、”お客様への提案やできることが異なります”。”ご依頼をお受けしたお客様が、結婚式当日に素敵なウェディングドレス姿”を演出できるかどうかです。ご本人様の喜ぶ姿や似合うデザインと理想のウェディングドレスで、幸せな瞬間を堪能しているかです。女性の憧れと夢である”ウェディングドレス姿”は、特別な瞬間に着る衣装ですよね。永遠と想い出に残る衣装をご相談させて頂きます。

自分に似合うウェディングドレスが解らない!自分の好きなデザインが似合わない!試着を繰り返して、理想のウェディングドレス姿が解らなくなった!など様々な方々がいらっしゃると思います。

私たちのウェディングドレスのご提案は、
”結婚式当日に最高な花嫁姿を演出するためのウェディングドレス選び”です。 全国の花嫁様に喜んでいただくために、”お客様がどのような結婚式場で、どのようなデザインを求めているか?または、お客様のサイズや体型に合わせたドレスのご相談”です。重要なのは、試着前のご相談です。

花嫁が希望するドレスを着ても似合わなかった?なんかイメージが違った!はこのような理由!

本当はこのようなデザインが好きだけど、試着したら似合わなかった。
結婚式場の提携店で試着したけど、どのドレスも似合うと言われて”本当に似合う私のウェディングドレス”であるか疑問!

結婚式場の規模や広さに合わせた”ウェディングドレス選び”のご相談。

ウェディングドレスのサイズについて。結婚式当日には、きちんとサイズを合わせますよ?と販売店の方に言われてませんか?当日きちんとぴったりのサイズで着れるか不安!そのような方々も多くいらっしゃいます。大半の方々は、サイズを合わせてもドレスが胸で止まらず、下がってきて下着が見える何てこともあります。弊社では、ドレスを試着する際も24箇所のサイズを頂き、ジャストサイズで試着を行います。

結婚式は初めてのこと!ウェディングドレス選びも初めてのことですよね。多くのドレスショップに足を運び、最後にメタモールフォーゼ ウェディングにご相談くださいませ。

ウェディングドレス選びは、試着だけしても何も解決にはなりません!
ウェディングドレスを選ぶ上で重要なのは、ドレスの知識のある方がお客様と相談しているかどうかです。ドレスを試着するする上で重要なのは、あなたの理想のデザインのチョイス!一番重要なのはあなたのサイズ!そして、会場の雰囲気とあなたのイメージがドレスに合っているか?です。

初めのヒヤリングを行うことで、”ウェディングドレスの迷いや迷子”などがなくなります

もしあなたがドレス店で何度も試着を繰り替えいしている方は、サイズが合っていない!担当者があなたの理想のドレスを提案しているのではなく、レンタルしたい商品をあなたにすすめているだけですね。

  続きを読む


2017年08月19日

他では、創れない衣装を手がけるオートクチュールドレス!メタモールフォーゼ ウェディングのドレスについて。

メタモールフォーゼだから叶う”一点もののオートクチュールドレス”!


今回は、企業様からのご依頼。四国にある国際美術館のイベント用の衣装制作です。 美術館に展示される予定の”絵画を基にドレスを制作”をさせて頂きました!

メタモールフォーゼで2点のドレスを制作をさせて頂き、無事に納品をさせて頂きました。 今回は、2点の内の一点をご紹介をさせて頂きます。

オートクチュールドレス制作は、メタモールフォーゼにご相談くださいませ。 企業様やショップのオーナー様等の衣装も制作しております。ご興味のあるお客様は、お気軽にご相談くださいませ。

オートクチュールドレスのご紹介!
今回のメイン テーマは、”絵画に記載しているドレスをキッズサイズにドレスをリサイズ制作”!

ご来店なされるお客様に、世界のドレスや衣装に触れ合うイベントです。また時代背景に合わせたドレスを着ることができるイベントです。記載されている絵画を見ながら、実際に着られていたドレスを着用できるようですね。

子供にとては、とても良い経験ですね。あまり衣装に触れ合う機会がないと思いますし、実際に描かれている衣装を着る事ができる素敵な体験と思います。 描かれているドレスを正確に制作!

バロック調ドレスやアンティーク調のドレス、ロココ調ドレスとも言われるスタイルのドレスです。ボレロ風の大きなパコダスリーブとフリル、レース使いが特徴のドレス。時代背景として、中世ヨーロッパ時代のを連想しますね。または、マリーアントワネットのような貴婦人のような装いですね。

こちらのドレスは、細かいデコルテやディテールが多く施されたデザインです。
フリルやレース生地、大きさの違うリボンや繊細なハンドメイド作業が必要とされる装飾品が多かった印象です。 絵画の画像を見れば見るほど、ここはこんな感じかな?と試行錯誤しながらの制作でしたね。

納品前には、一度お写真を送り、確認後商品を発送させて頂きました。ドレスの仕上がりはとても良く高評価でしたので、一安心致しました。
もう一着ドレスを制作しましたので、 近日中に記載致します。

オートクチュールドレス

オートクチュールドレス制作

バロック調のパコダスリーブドレス

胸元のデザインとディテールデザイン

ロココ調の雰囲気を演出するオートクチュールドレス

後ろから見たドレスのデザイン

  続きを読む


2017年08月18日

関東地域。東京都にお住いのお客様から”ピアノのコンペティションドレス”のご注文。

先月、ご注文頂きました”東京都のお客様ドレスをご紹介”!
”ピアノのコンペティションの全国大会”で着るための子供用ドレスを制作。

ピアノのコンペティションやコンクール用の小学生ドレスです。
ピアノを演奏する小学生、中学生、高校生向けのドレスです!優しいイメージのライトピンクとオレンジがカラー! サーモンピンクカラーの可愛いリボンとコサージュドレスです。”お客様専用のドレスデザイン”です。

先日、無事にドレスが仕上がりました。
お客様からご連絡を頂き、大変素敵なドレスに仕上がり、娘と一緒に感激しました!とご報告を頂き安心致しました。

今回のお客様に制作をさせて頂いた、”ピアノ用のドレス”をご紹介させて頂きます。

ライトカラーのサーモンピンクを基調に、ドレスを制作!”可愛い!娘に着せたい!と大評判なフリルデザインのドレスです。 今回のお子様は、関東在住。東京都にお住いのお客様からピアノ用のドレスをご依頼。

大切な全国大会や受賞者コンサート、ピアノの大会などに映える”ジュニアサイズドレス”。 ご本人様の理想や希望を取り入れながら、デザイナーが作る”あなただけのドレスです”。

ピティナ ピアノコンペティションを意識したデザインを立案! 演奏曲とお子様の理想に合わせた”配色で制作をさせて頂いた”カラー! ポイントデザインには、”お子様の好きをプラスしたポイントデザイン”をご相談。 お子様の成長を考えた、”スカート丈のご相談”。 ステージの向きや演奏する種目に合わせて、”ステージに映えるドレス”を立案。

ポイントに加えて、”お客様に喜んでいただける様に一点一点心を込めて”ドレスのデザインをさせて頂きました。

ドレスについて! ピアノを演奏していることを背景に、ドレスを立案。今回は、ライトピンクよりの綺麗な配色で制作。 優しいイメージとステージ上で美しく映える様に心がけながらデザインをさせて頂きました。

ドレスは、
ご依頼を頂く方によって理想や希望、好み、演奏曲イメージが違うため、 ”制作しながらお客様が演奏する様子をイメージしてデザインすることが重要”です。

お子様のご希望のリボンやコサージュを施したドレス。前から見るドレスのデザインも重要ですが、後ろから見るドレスやサイドから見えるデザインも重要。 ステージに映えるドレスが審査委員の方々によい印象を与えるでしょう。

ドレス全体を良く見せる、或いは”ピアノから奏でる演奏曲”と調和したドレスやデザイン、カラー配色もドレスを選ぶポイントですね。上半身デザインや施されている”オーガンジーの刺繍レース、ビジュー”などで大きく変わります。両肩に施された”リボン”や”ヘッドドレス”などのトータルデザインも重要です。

全国の夢みる”ピアノの演奏する小学生、中学生、高校生用ドレスを制作”!
お子様の希望や理想のカラー、デザインに至るまで専属のデザイナーがご相談。全国大会用のドレスをお探しの方や大切なコンクールドレス選びについて、疑問や質問がございましたらお気軽にご相談下さいませ。

ピアノ用ドレス コンクールやコンペティション用ドレス

肩にリボンを施したドレス

子供用サイズの髪飾りデザイン

ウェストに施した可愛いピンクのドレス

バックスタイルドレス。ジュニアサイズドレス

  続きを読む