さぽろぐ

  美容・ファション  |  札幌市手稲区

新規登録ログインヘルプ


 › メタモールフォーゼ ウェディング札幌|札幌のウェディングドレスショップ|BLOG › メタモールフォーゼ ウェディング › スタッフ日記 › ウェディングドレス フルオーダーメイド › ウェディングドレスの制作シーン!札幌のアトリエで丹精込めて施されるハンドメイド!

2018年10月02日

ウェディングドレスの制作シーン!札幌のアトリエで丹精込めて施されるハンドメイド!

ウェディングドレスを探しているお客様へ!ウェディングドレスのメイキングシーン!

メタモールフォーゼのウェディングドレス制作シーンの一部を記載。北海道札幌市のデザイナーとドレス職人が在住するアトリエからドレス制作の細かい部分を記載。通常は制作中に写真を撮ることはあまりありませんが、ちょっとした休憩時間に一部を撮ってみました。ドレスの良し悪しは繊細なハンドメイド作業。ドレスに施すレースについて記載致します。

ウェディングドレスの裾やスカートに施されているレースや胸元のレースは、 主にインポートレースを使用。日本では、衣装の装飾品として需要がないため、イタリアやフランス、イギリスなどからの輸入品です。数も多く、柄は似たり寄ったりですがやはり高価なものと安いものとでは全く違います。ドレスに施した際の仕上がりも全く違いますね。

皆様はウェディングドレスを提携先のショップやインターネットなどでドレスを探していると思います。写真でパッと見ると似たような感じですが、近くで見る際や実際にレースが施されているはやっぱり多いく違いを感じます。レースの形状と品質の違い、レースの処理が主な理由です。レース素材は、ミシンで施すとつります。そしてシルエットがキレイに見せません。またリバレースは通常カットして施すため、安いドレスは、大雑把にカットしてミシン縫いです。所々からチュールが剥がれている状態のものが多いです。やはりお値段の差と品質の差です。

弊社では、レース部分の検品を行い、チュール部分を綺麗にカットして不必要な部分を切り落としてドレスに施します。 また、熟練された職人がハンドメイドで丹精込めて一針一針生地とレースの引き具合を確認しながら”生地そのものに初めから付いているように”手仕事で縫います。今回ドレスを制作する一部分ですが、ウェディングドレスの制作はとても神経の使う手仕事が大半です。 またウェディングドレスが素敵にみえる!豪華に見える!は、一点一点の職人の手仕事が積み重なり結果として素敵なウェディングドレスとなります。

ハンドメイドで作る札幌のウェディングドレス専門店

■メタモールフォーゼ ウェディング札幌
ご相談やご質問など、お気軽にお問合せ下さいませ。

〒006-0852
札幌市手稲区星置2条3丁目9-23
TEL:011-684-1411
FAX:011-555-1653
E-MAIL:dress-shop@metamorpose.com
Web Site:http://www.metamorpose.com/


■ メタモールフォーゼ PETIT 埼玉店|さいたま営業所
埼玉県さいたま市北区日進町1丁目405-5
完全予約制|E-MAIL:petit@metamorpose.com
Tel:048-783-5238


※東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお住いの 花嫁や花婿のために、”営業所”を設立致しました。

あなたにおススメの記事


メタモールフォーゼのアトリエでは、お客様一人一人のお体に合わせて丁寧にウェディングドレスを製作しております。 当社では、お忙しいお客様や地方の方のために無料出張サービス(北海道内)を行っていますので、お客様御自宅で打合せや試着、ご相談が可能です。また道外のお客様には、ご自宅でご試着する事も可能です。(完全予約制) メタモールフォーゼ ウェディング アトリエ:〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条3丁目9-23 TEL:011-684-1411 Fax:011-555-1653 E-MAIL:dress-shop@metamorpose.com アクセス:星置駅より徒歩5分 公園の斜め向かえ。 ※駐車場あり

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ウェディングドレスの制作シーン!札幌のアトリエで丹精込めて施されるハンドメイド!
    コメント(0)